うつは治療をすることで改善が可能|ココロのカウンセラー

医者と看護師

症状克服への道

カウンセリング

休養と薬物療法

うつ病とは、日常生活から受けるさまざまなストレスが原因となって、脳内の神経伝達物質がうまく働かなくなる病気です。重症化すれば何をする意欲も湧かなくなり、社会生活ばかりでなく食事や睡眠にまで支障が出るようになります。うつ状態が長期間続く場合は、心療内科や精神科など専門の医療機関を受診して、適切な治療を行わなければなりません。うつ病の治療を三本の矢に喩えれば、休養が一本目の矢に相当します。うつ状態にある心は疲弊しているのですから、肉体が疲労しているときと同様、心も休ませなければならないのです。症状の程度が軽ければ、休養だけで改善することもあります。しかし多くの場合、休養だけでうつ病が治すことは難しいのが現状です。薬物療法という二本目の矢に、精神療法という三本目の矢を加え、折れにくい心を取り戻す治療法が必要になるのです。特に薬物療法は多くの症例で効果を発揮しています。種々の精神疾患の中でも、うつ病は薬が最も効く病気だと言われているほどです。うつ病の薬物療法で使われる薬にはいろいろな種類があります。抗うつ薬にも種類が多く、専門知識を持った心療内科や精神科の医師が、症状に合わせて適切に処方してくれます。多かれ少なかれ、抗うつ薬にはある程度の副作用もありますから、医師や薬剤師の注意をよく聞いて服用することが大切です。

さまざまな精神療法

うつ病の種類や症状の進行度合いによっては、薬物療法と併用して精神療法も実施されます。これにはいくつかの種類があるので、それぞれの特徴を知っておくといいでしょう。認知療法、または認知行動療法と呼ばれる治療法は、患者さんの思考を前向きにするために行われます。「物は考えよう」などとよく言われますが、うつ病の患者さんは物事を悲観的に考えがちです。うつに陥りがちな考え方をポジティブな方向に修正し、生活に希望が持てるように修正していくのが、この治療法の特徴と言えます。自分の思考過程をノートに書くなどの方法を行ないます。支持的精神療法は、精神科医や臨床心理士との対話による治療法です。精神療法の中では、一般にカウンセリングとして知られる方法に最も近いと言えます。対話を通して患者は自己肯定感を強め、病気と向き合うことができるようになるのです。対人関係療法はうつ病に大きな効果があると言われています。発症の原因となるのは多くの場合、社会生活など対人関係のストレスにあるからです。この治療法では、人間関係の整理や会話の訓練などが行われます。心療内科や精神科では、以上のような3つの治療法によって患者のうつ病克服を支援しています。専門知識と経験を持った医療スタッフが担当するからこそ、充実したうつ病治療も可能になるのです。