うつは治療をすることで改善が可能|ココロのカウンセラー

ドクター

病気改善のための工夫

鬱

精神病予防の対策

うつ病の治療方法には、現在では大きく分けて二種類の方法があると言われています。厳密には、現在では技術的な進歩により他にも様々な治療方法によってうつ病の治療を行う事ができるようにもなっています。しかし一般的に行われている治療方法としては精神療法と薬物療法との二種類の方法がよく知られています。この二種類のうつ病治療方法のメリットはまず保険が適用される方法であるとゆう部分です。うつ病の治療の多くはまだ公的機関において認定されていない方法も多いため、保険適用外の治療は高額な医療費がかかる場合も少なくありません。しかし保険適用の治療方法である上記の二種類の方法については公的機関から認可されている治療改善方法です。薬物による療法は副作用が発生する事はありますが、しかしその副作用も比較的広く一般的に認識されているため、万が一副作用が発生したとしても改善に繋がりやすくなると言えるでしょう。精神療法については副作用は発生しませんが、カウンセラーとの対人療法による治療が行われます。精神療法のメリットは上記にもあるように副作用が発生せずに改善を行うことができることです。デメリットとしては人間の内面的な感覚を対人関係において改善してゆく方法であるため、改善のためにはやや時間がかかる場合も多いという事です。

周囲の人との協力も大事

薬物療法によるうつ病の改善には早くて3ヶ月〜6ヶ月程度の期間ほどで改善されるとも言われています。ある製薬メーカーの検証データによれば薬物療法による治療においてうつ病が3ヶ月で改善されたというデータもあります。薬物療法は神経伝達物質の分泌量を抑制したり改善する事によって、うつ特有の病気症状を悪くしにくくする工夫をして改善を見込んでいく治療法です。うつは気分が沈んで暗くなっている時にあたかも自分の性格が周囲から誤解されてまったり、周囲の人から悪い印象を持たれたりする事で自分に自信を失ってしまいうつが悪化してしまう事もあります。このように、周囲の人を誤解させるような行動の多くは脳の神経伝達物質の分泌量が多かったり少なかったりする事で起こる病気であるとも考えられています。神経伝達物質は脳の内部での活動であるため実際に目視では確認する事はできませんが、気分が沈んでいるいわゆる「抑うつ状態」の期間が長くなってくると今度は身体的な不具合も発生する場合があります。主に睡眠不足や吐き気、胃部不快感などといった症状です。こうした症状がうつの症状と併せて確認できる場合にはできるだけ早めに精神科の医師に相談をするようにしましょう。また家族との連携を大切にして、病気治療に対する周囲との協力も非常に大切です。

心の病を治す方針とは

男性医師

うつの治療では主に投薬とカウンセリングを行いながら、同時に生活習慣へのアプローチも行います。生活習慣の状況をうまく医師に伝えるためには、状態を箇条書きで記録したり、睡眠時間をグラフ化するなどの工夫が有効です。

Read More...

心の病を治す

頭を抱える男性

うつの治療で大切なことは、医師の治療を受けることが基本ですが、それと同じくらい規則正しい生活リズムを身に付けることが大切です。また現代社会はストレスが非常に多いため、うつになる方は今後増加するものと考えられますが、早期発見や早期治療を心掛けることが重要なポイントです。

Read More...

症状克服への道

カウンセリング

うつ病の治療には、休養・薬物療法・精神療法という三本の矢が欠かせません。休養だけで治るほど軽症の患者さんならいいのですが、多くの場合は薬物療法が、症状の程度や回復度合いによってはさまざまな精神療法も実施されます。いずれも専門の心療内科や精神科を受診することで、充実したうつ病治療が受けられるのです。

Read More...

休養の大切さ

メンズ

うつ病の治療には、薬物療法や行動認知療法の他に休養をしっかりと取ることが大切です。しっかりと睡眠を取るために、毎日決まった時間にベッドに入り、同じ時間にベッドから出るようにして就寝前にはハーブティーやホットミルクを飲む習慣を身に付けます。

Read More...